<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

美味しい柿

f0229844_22223280.jpg


雫ギャラリーの周りにある世界にうっとり。

草むらにどんとしゃがみこんで、

たまらなくかわいらしい世界に入り込む。

f0229844_2227418.jpg


この胸がキュッと締め付けられるような世界は

僕の認識としての世界で、

本当はどこにもない世界。

一つの場所を僕の心を通して眺めた、たった一つの世界。

f0229844_22332519.jpg


カタチの向こう側にある何かを誰かと共有できればと思い、

今日もパチリ。

そして、明日はジュエリーを創る。


ギャラリーの隣にある柿を収穫。

樹についた状態で熟した柿を一ついただく。

これがウマイ!

もう一つ熟したものをいただく。

ウマイ!!

今までで一番の柿でした。

これもまた、僕の認識としての柿ですね。

僕の“美味しい柿”という認識は

屋久島の自然で育って、味がよく、樹の上で熟したもので、とってすぐに食べる、

そんなとこですが、

“美味しい柿”の認識は本当にたくさんあると思います。

もちろん、かなり近しい認識を持っている人たちもいるはず。

近しい認識を持った人たちに

柿を配ったり、

写真やジュエリーを観て頂いたりすることが、

大切なのではないかなと思います。

共感していただける人たちがたくさんいるということを、心頼して、

自分に出来ることを真摯に取り組むことが出来れば幸せだなと思います。

そんなことを考えさせてくれる、

美しい秋の夜。

ふと空を見上げると、美しい十五夜の月が優しく世界を照らしていました。

f0229844_22575299.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-30 22:58

秋のスイーツ ドラマなギャラリー

f0229844_2044588.jpg


雫ギャラリー横にある柿の木、

実が熟してきました。

奥のほうにある二つ、

今すぐにでも取って食べてしまいたい。

食べ物が美味しく感じられる季節になりました。

今日はギャラリーにてla table の新作“チョコタルト”とlinnaさん絶品“シナモンロール”を

アイスコーヒーとともに美味しくいただきました。



雫ギャラリーオープンの日。

偶然の再会。

二年ぶりの再会。

親友との再会。

気持ちの良い雨音に包まれて、

ギャラリーでは今日もたくさんのドラマがありました。

そんな中で一緒にいることができて、幸せなチカラをいただけるって最高です。

今日にありがとう。

明日もギャラリーオープン致します。

台風があけて清々しい晴れ間がやってきそうですね。

明日にありがとう。

ドラマティックな一日になりますように。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-29 20:56

雨もよし

f0229844_0124465.jpg


台風が近づいてきていて、

今日は曇り空な一日。

夕方、少し雨が降り出してきたところ、

雨→夕暮れ→温泉

ふとそんなイメージが湧いてきました。

そして今日も海の見える温泉に。

雨もよし。

今日も素敵な夕暮れ時でした。

この絶景を何とか写真に収めたい。

撮影決行の時はやってくるのでしょうか。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-29 00:03

バナナと彼岸花と僕

f0229844_23525597.jpg


大阪からの帰りを迎えてくれた彼岸花も

そろそろ終わりを迎えようとし、

縁側に吊り下げたバナナの房が黄色く熟し始めてきている。

枯れた彼岸花は多分来年も同じ場所から花を咲かせ、

根元で切り落とされたバナナの木はこれから背丈を伸ばし始め、また実をつける。

さまざまなカタチをしたイノチのサイクルの交わりが

ここでは輪郭をよりはっきりとさせて、僕の前に姿を現す。

“花には花の時間があってよ”

赤い彼岸花がなまめかしく話す。

“星には星の時間があるのですよ”

キラメク星がゆっくりと話す。

揺るがないリズムを刻む彼らと並んでいると

いよいよ僕も主張したくなってくる。同じイノチとして。

“僕には僕の時間があるんだ”と。

僕の時間はどれくらいの速さですすんでいるんだろう。

僕の場所は、大きさは。

バナナと彼岸花と僕の時間が交わり、秋のある一日を創りだしていた。

f0229844_0224861.jpg

“時間の花”ring  moonstone sv950 k18
[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-28 00:19

cut back

f0229844_2124253.jpg


夏が切り返してきたような陽気。

その中に、冷たい風や澄み切った空気を

確かに感じることが出来るこの頃。

秋生まれの僕にとって最高に気持ちがいい季節がやってきた。

大好きな彼岸花が庭に咲き、

家の前で採れた島バナナはもうすぐ食べごろを迎えようとしている。



大阪でお預かりしてきた作品を磨きなおし致しました。

f0229844_2152329.jpg


約一年間使っていただいたジュエリーを一つ一つ丁寧に磨きなおして、

ピッカピカになりました。

いつも大切に使っていただいている気持ちを感じながらの作業に癒されます。

貴金属は定期的なメンテナンスをしながら使うと、

どんどん良い風合いが出てきて、

その美しさに磨きがかかってきます。

ジュエリーも育っていくのですね。

温泉に入って黒く変色してしまった。

気がつけば、色がくすんできたような気がする。

チェーンの長さを変えたい。

チェーンの太さを変えたい。

自分を変えたい。←??

指輪がキズだらけになってしまった。

サイズ直しをしたい。

など、ジュエリーのことでお困りのことがありましたら、

いつでもお気軽に声を掛けてくださいね。

喜んでメンテナンスをさせていただきます。

雫ギャラリーに持ってきていただくか、送っていただければ大丈夫です。

ご相談がありましたら、ホームページよりお問い合わせくださいね。

もちろん、KEI NAKAMURA JEWELLERYのジュエリーでなくても、

お手持ちのジュエリーのメンテナンスや磨きなおしなどありましたら、こちらもお気軽におたずねください。

どんなものでもフレッシュな状態であるのは気持ちがいいです。

僕に出来ることを、

お手伝いさせていただきますね。

今日もありがとうございます。

明日もフレッシュな一日になりますように。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-26 21:01 | ジュエリー

ことば

屋久島、尾之間にある海を見渡せる温泉に連日通っています。

こちらは営業時間が19時までとなり、

ちょうどサンセットタイムを露天風呂で海と空を眺めながら過ごすことが出来るのです。

風呂場からの眺めをお伝えしたいのですが、

男湯にカメラを持ち込むのは禁止ではないかもしれないけれど、

いろいろと誤解を生んでしまいそうなので、撮影はやめておきますね。

夕暮れ時は何となくエネルギーが高まるような気がするのですが、

そのときに温泉でダイレクトに地球からのエネルギーをいただくという、快感にハマります。

ブルー、水色、黄色、オレンジ、、、と、

その景色を忘れないように色で心に詰め込む。

この方法は画家の高田裕子さんに教わった方法で、

景色を言葉に一度変換する覚え方。

家に帰って、言葉をキャンパスや画面などにもう一度変換しなおすのです。

f0229844_2323977.jpg



言葉の持つ力は大きい。

言葉は僕たちの深い部分の意識をコントロールするチカラを持っている。

日常生活でついつい使っている言葉が自分自身の深い部分にキチンと響いているのだ。

ポジティブな言葉や美しい言葉を使っていたいと思う。

なぜならば、僕たちの人生は僕たちの深いところに在る意識が創り上げているから。

話すということ。

与えていただいた力を大切に使いたいと思う。


f0229844_2322241.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-25 23:17

男子の休日

買ったばかりのVANSのスニーカーを履いて外に出かけた。

長袖のシャツがちょうど良いくらいの涼しい気温。

快晴。

一人で過ごす秋の休日。

中間から車を北に向かって走らせ、当たり前のように“ノマドカフェ”ヘ。

ここは屋久島サウスエリアのオアシスで、

まるでエコールド・パリ、モンパルナスのLA ROTONDEのよう。

今日も刺激的な仲間と出会いがあり、

穏やかな時間が流れていた。

新作の鶏肉のバジル炒めごはん。

f0229844_23301973.jpg


昨日よりも美味しく。

進化し続けるカフェのカタチがここにある。

カフェ。

限りなく素敵な存在だ。

帰りに友人のYANCYが手がけたCD“RACHEL”を購入して、カーステレオにセットして、

今日のドライブが再会した。

ずっと聴きたかったCDは、どうしてもじっくりと聴きたかったCDで、長い間そのときを待ち続けていたけれど、

今日がその時だと、時間が教えてくれた。

その時は必ずやってくるのだ。

YANCYのサウンドとRACHELの歌声。

二人の音楽に対する心が車内に響き渡り、僕は溢れる心をどうしても抑えることが出来なかった。

ノマドカフェやYANCYの音楽に、

その真摯な姿勢が人々に感動を与えるのだということを学ぶ。

少し整理したいことがあり、雫ギャラリーへ。

f0229844_0434860.jpg


f0229844_23521465.jpg


la tableの美味しいコーヒーをいただき、いくつかの仕事を気持ちよくこなし、納品を終えて、改めて南に車を走らせた。

ごはん→コーヒー

RACHELの希望を包み込むような歌声とともに男子の休日は続く。

屋久島の東、安房を少し越えたクラッシクな町並みに佇むお気に入りの隠れ家がある。

“ニューツカモト”

f0229844_0392397.jpg


南の国の美容室で、

サービスしていただく時間を味わう。



僕の大好きなJacob Millerのレゲエが鳴る空間。

もちろん、男子でもイケメンと話したい。

気持ちの良い表情は気持ちの良い心が作り、気持ちの良い心は気持ちの良い時間を作ることを学ぶ。

こちらでも美味しいコーヒーをいただき、

南に向かって車を走らせる。

島を温かく照らしていた日が沈もうとしている。

さまざまなチカラのカタチが黒いシルエットになっていて、その向こう側に水色やピンク黄色やオレンジ紫や白、青、無数の色を含んだ空が広がる。

f0229844_0373783.jpg


YANCYのサウンドは日が暮れるとそのロマンティックさが増すことを僕は知る。

一つの出来事が見方によって違った世界を持つことを知る。

一日が切り替わるこの夕暮れの時間。

一秒ごとに変化を繰り返す空が宇宙の切れ端のようで、美しいと思った。

何となく、女子的な休日だなと思いながら、

最後は男子っぽく尾之間の温泉に。

こんなに空が綺麗な夜は、海が見えるほうの温泉に。

サンセットを眺めながら、お湯に使っていると

なぜだか今日も少し前に進めたような気がしてきた。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-24 11:00

出会いのギャラリー

雫ギャラリーオープンの日。

f0229844_0122564.jpg


今日もたくさんの出会いがありました。

この蝶々とも初対面。

f0229844_0151543.jpg


黒と青、美しいです。

もう、どうしようか。

彼岸花とも一年ぶりの再会をしました。

f0229844_0181015.jpg


僕はやっぱり、赤が好きです。

もちろん、たくさんのお客様にも来ていただきました。

いくつかの出会いがあり、

そこに生まれる新しい関係に喜びを覚え、

楽しい時間を共有できたことに幸せを感じました。

ツワブキのシリーズや

f0229844_0231051.jpg


シダのシリーズ。

f0229844_0242944.jpg


ワクワクに溢れた一日。

今日も出会いがいっぱいの雫ギャラリーでした。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-23 23:25 | ジュエリー

出会う人

f0229844_21272890.jpg


雨の屋久島。

今日はギャラリーオープンの日。

朝、準備を済ませて家のドアを開けると、

大きなバナナの房が目の前に広がった。

“台風で木が折れちゃったから採っておいたよー。どこか出かけてたねー”

となりのおじいちゃんがバナナの房を持って立っていた。

屋久島に帰ってきて話した人、3人目である。

たとえば、屋久島に帰ってきたときや大阪に入ったときなど、

新しい始まりやピリオドを経たとき、

次のタイミングで出会う人たちとは注意深く付き合うことにしている。

このような出会いが結構、先の流れを示唆することがあるからだ。

ちなみに、今回の屋久島入りで最初に出会った人

一番→エーコープにて。雫ギャラリーの近くに住む友人。最近移住していたばかりなのに、地元のおじさんと深い感じで世間話をしていたところに遭遇。

二番→la tableの羽田さん。 ギャラリーの敷地前を車で通り過ぎようとしたとき、ちょうど羽田さんが車で外出しようとしたところ。出会いがしらに遭遇。

三番→バナナのおじいさん。

四番→湯泊集落の商店のおばさん。約三年半の間、ちょこちょこ通っていたのだが、“どこに住んでるの?”
と、初めて声を掛けていただく。こんどギャラリーにも来てくれるとのこと。

五番→la tableのIちゃん。いつもオシャレですが、チェックのシャツが気になる。

六番→大切な友人のAちゃんからのメール。
アロマのこととジュエリーのこととエネルギーワークのことについてお話を。

七番→旅立つミュージシャンと奥様がギャラリーに来てくれた。星空のお話を。

こんな感じでした。

なんか、キュッとローカルな感じがしますが。

じっくり向き合ってみようと思います。


今日は一日冷たい雨が降り続きました。

なんと、肌寒い!

屋久島のほうが一足はやく秋を迎えていたのですね。

雨の音と川の流れる音に身を任せながら、

ギャラリーで想いを巡らせる。

屋久島の雨に包まれるのが、とろけるように気持ちいい。

静かな場所で、出会う方々と大切な時間を共有できる喜び。

今日も素晴らしい一日でした。

明日も気持ちの良い一日になりますように。

f0229844_21364395.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-22 21:25

大阪→屋久島

f0229844_23572937.jpg


下から見るのと

上から見るの、

角度を変えてみると、別のものに見えるのですね。

たくさんの世界が、同時に存在するのですね。

空をまたいで屋久島に帰ってきました。



途中、鹿児島空港で降りて足湯に入ってドトールでサンドイッチとアイスコーヒーを。

鹿児島に降り立った瞬間、心と体がとても落ち着いていることに気がついた。

空港には南国のスローなリズムが流れている。

いつの間にか、僕の体はこちらのリズムに合ってしまっていたようだ。

そして、屋久島へ。

たった10日程しか離れていなかったのに、

ずいぶんと長い間、離れていたような気がする。

数え切れないくらいの緑、

彼岸花の赤、

サキシマフヨウのピンク色、

ウッドショップ木心里の看板の黄色、

屋久島の色が一気に体に入り込んでくる。

うす曇の中、家に向けて車を走らせる。

僕はスピードを50キロに合わせて、窓を全開にした。

ここに帰ってきたことを、体で感じたかった。

ときおり、農作業用の軽トラックとすれ違う。

10月の後半、午後3時過ぎの屋久島は恐ろしく静かだった。

僕は、帰ってきたのだ。

f0229844_23594641.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-09-21 23:59


ケイ ナカムラ ジュエリーは屋久島発のジュエリーブランドです。作家・中村圭がジュエリーと写真と文章で、日々の美しさをお届けします。しずくギャラリーとホームページにて、作品を観て頂けます。


by kei-jewellery

プロフィールを見る

検索

Twitter

カテゴリ

制作
ジュエリー
マリッジリング
オーダーメイドについて
マリッジリングについて
しずくギャラリー
日常

最新の記事

ブログ移転いたしました
at 2015-01-01 19:00
今年もありがとうございました
at 2014-12-31 20:15
海から見えた景色
at 2014-12-29 23:33
月の指輪
at 2014-12-29 00:51
忘れていたことは
at 2014-12-26 23:45
ツボミと泡
at 2014-12-25 20:42
黄色い冬
at 2014-12-24 19:24
花や空
at 2014-12-24 00:06
ツワブキからツワブキへ
at 2014-12-22 21:28
ツワブキの指輪!
at 2014-12-20 21:39

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

LINK

その他のジャンル

タグ