<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

幸せな時間と新しいライン

ジュエリーの仕事を始めて、

気がつけば、常にウェディング関係の仕事に携わらせていただいています。

中でもマリッジリングの制作は特別で、

幸せな二人の人生の一部分に関わらせていただけているような気がして、とても嬉しく、いつも楽しく制作をさせていただいています。

今日は指輪のカタチをイメージしていただくためのサンプルを制作。

いつか、KEI NAKAMURA JEWELLERY WEDDINGで

新しいラインをやりたいです。

はやいうちに。

f0229844_254359.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-29 02:06

バナナと包丁

f0229844_23294572.jpg






雨の隙を見て家の前にあるバナナの木になってある実を収穫した。

家の前は他人の土地なのだが、草払いをやるという代償と引き換えに、そこで出来るバナナの実を頂くという
契約を結んでいる。

ムンッとおもむろに台所から包丁を出してきて、玄関に包丁を置いて靴を履こうとしているとき、

「おーい、どうだー?」と元気な声を出しながら区長さんがやってきた。

「え、あ、まあ、ぼちぼちいい感じです。」かなりあせって、近くにあった新聞紙で包丁を隠す。

「ギャラリーどうだい?なかなか行けなくてよーー」気がついているのか、いないのか。

真昼間、玄関で包丁。

裏口から出ればよかった。

「ありがとうございます。いつでも遊びに来てくださいね。」

収穫の道は容易ではない。

区長が去り、見えなくなるのを確認してから、

僕は包丁を左手に握り締め、少し段差のある前の敷地にジャンプで飛び降りた。




f0229844_235858.jpg


シダのネックレスです。
屋久杉を埋め込んで、優しい雰囲気をだしてあります。
ユニセックスなデザインに仕上がりました。

こちらは屋久島・麦生にあるHONUさんにて取り扱いいただいています。

HONUさんは海をイメージした素敵なお店で、かわいい手作りのアクセサリーがたくさんみることができるのですよ。

オリジナルの夜光貝アクセサリーの輝きにはうっとり。
僕も大好きです。

プルメリアやハイビスカスに囲まれた 南国のお店にぜひお立ち寄りくださいね。

いつもブログに来てくださってありがとうございます。

あすも素晴らしい一日を♪
[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-27 23:58 | ジュエリー

雨の中の仕事

f0229844_2395178.jpg



朝からアジサイをモチーフにした作品作り。

今日も長い雨。

雨が少し落ち着いたのを見計らってギャラリーへと向かう。

創りかけだった花壇に土を引いて何本かのハーブを植え替えた。

それにしても一向に止む気配の無い雨。

またどんどん激しくなってきた。

今日はもう帰ろう。

梅雨は梅雨でやりたいことがいっぱいある。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-26 23:10

雨の呼吸

f0229844_18453133.jpg


朝から激しく降り続く雨。

雨音は全てを飲み込み、クレッシェンドとデクレッシェンドを繰り返している。

まるで空間が呼吸をしているようだ。

無数の木々に囲まれた薄暗い午前中の部屋の中で、僕はまた一つの周期の中に在る自分を発見する。

僕は雨音のボリュームが最小になる瞬間を見計らって、外に出てみる。

周りの植物たちが無数の雨粒を覆い、無限の力をカタチとして現している。

寄り添う同種の力がはびこり、

空へと向かう力がグングンと広がりをみせる。

花は始まりの命で、

この新しい時間は

奇跡のように美しい。

そして、雨のリズムが最小値から増幅の傾斜へと向かい始める。

薄いウインドブレーカーの肌を雨がボツボツと打つ音が聞こえる。

僕は歩く足を速める。

取り囲む無数の緑がざわついていた。


f0229844_18525925.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-25 18:46

長い雨と看板

f0229844_22415999.jpg


今日も一日中雨。

波の音と雨の音に囲まれて過ごす。

外にでると、あたりは霧に囲まれた真っ白い世界で、

小さな水滴を纏った世界の中を歩いていると、そこは紛れも無いジャングルだった。

部屋の窓越しに、車のフロントガラス越しに、長い雨を眺め続けるこの季節が終わらなければ良いのに
と思った。

繰り返し訪れるこの季節をじっくりと味わいたいと思った。



雫ギャラリー看板出来上がりました♪
思いが一つ一つカタチになるのが楽しいです。

f0229844_22423941.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-21 22:42

信頼と行動

ずっとやりたかったアトリエの模様替えをする。

生活的な部分を大幅に縮小して、制作スペースを大きくするという少し大掛かりなイメージだったので、

今まで、あれがいるし、これも欲しいし、などと言ってずっと先延ばしにしていたが、

えい、やってしまえとばかり、後のことを考えずに作業をスタートさせた。

何となくは分かっていたものの、始めてしまえばどうにかなるもので、必要なものは部屋の片隅に転がっていたり、収めたいところに収まらないものがより理想的な場所に収まったりと、スポスポと作業が進んでいった。

考えてばかりいないで、スタートさせることが大切なことなのだ。



大きな5個のゴミ袋と達成感に囲まれて変化した後の部屋を眺める。

これからいったいこの場所でどんなことが始まるのだろうか、と思うとワクワクしてくる。

今まで継続していた何かをやめること、いっぱいに詰まったものを捨ててしまうこと、

そうしないと新しいことは始まらない。新しいことは入ってこない。

これは僕という小さなスケールにだけではなく文明レベルでも全く同様に当てはまる法則のようなものだと、僕は確信している。

もちろん、国家のレベルでもそうなのである。

やめるべきサインが目の前に現れたときに、

その先には次なる豊かなステージが控えていることを信頼して、行動したい。


f0229844_2254263.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-20 22:57

看板をつくる

台風の余韻を感じながら、

今日は雫ギャラリーの看板を創った。

アルミの板と糸鋸、金槌を使ってコンコン・ゴリゴリと半日作業を続けた。

オープンして三週間、まだ看板も出ていなかったなんて。

このような状態なのに、たくさんの方々に来ていただいたと思うと、感謝の気持ちで一杯になった。

手作業で創ったギャラリーではあるけれど、皆さんに安心して来ていただけるようにもっともっと完成度を
高めていきたいと思う。

看板の次は庭に花壇を創って、倉庫を創って、ベンチを創って、、、、

など、ギャラリーをオープンしてからもやりたいことをたくさん与えていただけて嬉しい。

さあ、明日は何をしようか。

楽しみだ。

f0229844_2316454.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-19 23:16

静けさの中にあるチカラ

青空が広がっていた。

妙に静かな午前中。

天気予報を全く見ないで生活をしていたら、台風の到来を感覚的に予想することも可能なのだろうか。

明らかに昨日までとは違う雰囲気の中に僕はいる。

未来が決定された瞬間に現在が予兆として構築されるのだろうか。

とにかく空には何か大きな鍵のようなものが存在しているような気がして、

最近、目を離すことができない。


f0229844_23113842.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-18 23:12

南国の暖かい風

今日は雫ギャラリーオープンの日。

朝からの雷、土砂降りの雨にも関わらず、たくさんの方々に来ていただいた。

雨の音、川の流れの音に包まれて、皆さんゆっくりとした時間を過ごしていただいた。

時折訪れる気持ちのよい沈黙。

やっぱり僕はギャラリーという空間が大好きだなと実感。

作品を介して

ジュエリーという一つのカタチ(フォルム)だけではなくて、その奥にあるカタチのない感覚や気持ちを
共有できる瞬間は何物にも変えがたい至福の時間で、

感謝に満たされる最高にシビレる瞬間だ。


今日最後のお客様を見送り、ギャラリーの外に出てみると、空にはびっくりするくらいの青空が広がっていた。

空の青は次第に黒へと変化をとげ、満点の星たちが姿を現せる。

帰り道、僕は立ち止まり、しばらく空を見上げていた。

時折ほほをなでる南国の暖かい風が心地よかった。


f0229844_1353066.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-18 01:35

挿し木どき

f0229844_1345440.jpg


朝から激しい雨が降り続く。

時折おおきな雷を伴いながら、周りの空気をぐるぐるとかき回していく。

こんな日はベットの中でぐずぐずとするのが気持ちよい。

ベットサイドのカーテンを開けて、窓越しに雨に揺らされるツワブキの葉を眺めながら、午前中のひと時を過ごす。

大量の雨を吸い込んで庭の植物たちの背筋がピンと伸びている。

水が大好きなんだ。


午後からは雫ギャラリーに。

先日HONUさんから頂いたハイビスカスの挿し木の様子を見に行った。

エントランスから続く細い道の脇をハイビスカスで飾ることができたら素敵だと思う。

一人で庭を眺めながら、ところどころにジンジャーの苗が点在していて、奥のほうにプルメリアの木が花をつけている様子を想像していると楽しくなってきた。

ああ、庭って最高かも。

梅雨の間にたくさんの雨を吸って、元気に根付いてくれればいいと思う。

HONUの庭のように愛情がいっぱいの庭になればいいと思う。

こういうことに3年、5年と時間をかけるのも悪くないような気がしてきた。

先をイメージしながら作業をする“今”が最高に楽しい。


気がつけば雨も上がり、川の方から冷たい風が吹き上げてきている。

ギャラリーの隣にあるla tableでは何かの仕込をしているのだろうか、美味しそうな香りが漂っている。

いい時間だ。

このささやかで美しい瞬間をたくさんの人たちと分かち合うことができればどんなに素敵だろうかと思った。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-06-16 01:59


ケイ ナカムラ ジュエリーは屋久島発のジュエリーブランドです。作家・中村圭がジュエリーと写真と文章で、日々の美しさをお届けします。しずくギャラリーとホームページにて、作品を観て頂けます。


by kei-jewellery

プロフィールを見る

検索

Twitter

カテゴリ

制作
ジュエリー
マリッジリング
オーダーメイドについて
マリッジリングについて
しずくギャラリー
日常

最新の記事

ブログ移転いたしました
at 2015-01-01 19:00
今年もありがとうございました
at 2014-12-31 20:15
海から見えた景色
at 2014-12-29 23:33
月の指輪
at 2014-12-29 00:51
忘れていたことは
at 2014-12-26 23:45
ツボミと泡
at 2014-12-25 20:42
黄色い冬
at 2014-12-24 19:24
花や空
at 2014-12-24 00:06
ツワブキからツワブキへ
at 2014-12-22 21:28
ツワブキの指輪!
at 2014-12-20 21:39

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

LINK

その他のジャンル

タグ