<   2012年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ナガイミチ

ギャラリーの外を塗る。

僕は右側の壁、妻は左側の壁をひたすら塗り続ける。

いったいどれくらい塗り続けているのだろう。

僕たちは今、長い道の上にいる。

今日は夕方から雨が降りそうだ。

季節が変わり、雨に日が多くなってきた。

僕は今ある時間をこぼしてしまわないように、じっくりと作業をする。


集中するのだ。


モルタルをコテですくい、ペタペタと壁に塗りつけていく。

壁は不思議で、一つの壁は一つのオーラのようなものを持っているように思う。

モンマルトルの街を描き続けたユトリロもその壁に詩的なものを感じていたのではないだろうか。

そういえば、建築をしていた僕の父もユトリロの絵が一番好きだといっていたな。

ゆくりと作業をしていると、実にいろいろ大切なイメージが入ってくる。

今はいない父と好きな建築家の話をしたことがなかったなということに、こんな時になって初めて気がついた。

建築もジュエリーも“構造的”といったところで、とても似ているものなのだと気がついた。


じっくりと、一歩一歩。


白と黒のモルタルを交互に塗り、格子柄を創っていく。

一つ一つの格子の大きさは不均等で角が丸かったり鋭角だったりしている。

基本的に直線的である建築やジュエリーから制限のイメージをうまく取り去りたい。



僕は今まで急いで急いで手の中から失ってしまった事柄を拾い続けるように、一つ一つ、目の前の事柄をクリアにしていく。


大きな声をあげて、走り抜けてしまいたくなる気持ちを抑えて信頼するのだ。


遠い遠い先を見ることをやめて、今を感じ始めた瞬間、

今が喜びと楽しみに満ち溢れてきた。


f0229844_3224447.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-30 03:22

晴れているうちに

f0229844_22573237.jpg


外壁をモルタルで塗る。

ひたすら塗りまくる。

白とグレーで格子を作りながら、塗りまくる。

うおーっ。

平内のフンデルトワッサーやー。

気がつけば日が暮れていて写真撮るの忘れてました。

あす、とります。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-28 23:12

kimochi

f0229844_1191946.jpg


美しい夜空。

写真では上手く撮ることができない。

伝えないといけないことをうまく伝えることが出来なかったり、

何を伝えればよいのか分からなかったり、

自分の中に何が起こっているのかがよく分からなかったり、

そんなこともある。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-28 01:28

f0229844_22144954.jpg


重たい雨。

激しく地面を叩き付ける。

家の周りがぶ厚い鉄のシャッターで囲まれているようだ。

肌に張り付く飽和した湿度が、僕を消耗させる。



今日の工事作業をストップすると決めるのに、さほど時間はかからなかった。

目を閉じて、心を澄ませると声が聴こえてくる。

自分自身の声に従えば、在るべき道が見えてくる。

暗闇の中の道。

大雨の中の道。

何も見えないくても確かにそこにはその道が存在するのだ。

雨の日の満月を、僕たちは感じることが出来るはずなのだ。


目的地までの最短距離。

何かをストップすることが物事をダイナミックに進めることだってある。

人生はそんなにも長くはないのかもしれない。

出来る限り注意深くありたい。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-25 22:45

海の集い

海の仲間が集まって飲み会。

大好きな友人の送別会が海の前にある素敵なお家で行われた。

屋久島の植物に囲まれ、潮の香りが漂うこの場所はスカッとしてとっても気持ちが良かった。

そして、漁師のみんなによるバーベキュー。お刺身。

何というクオリティーの高さだろう。

その日とれたサカナを絶妙な火加減と塩加減で焼く。

船の上で食べるのと同じお刺身。


Gちゃんの歌はいつも最高で、

空中に漂うメロディーをただつかみとって奏でたよう。

とても自然なのだ。

何かを創るってこういうことなんだろう。

僕の大好きな彼の世界が流れる。


朝の四時半に起きて漁に気合を入れて出かける彼らの周りには、なぜだろう、いつもリラックスしたやわらかい時間が流れている。

そんな世界に僕はいつも癒される。

自然の中にはいつも大切なヒントが含まれているのだ。

海の上から眺める屋久島は格別らしい。

僕なりのやり方でいいから、今よりももっと海に関わることが出来たらいいなと思った。


f0229844_246455.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-25 02:46

クリムトとジュエリーとミカン

アトリエにて作業。

朝届いたクリムトの画集を眺めたりしながらジュエリーの制作。

裏庭のミカンの木に新芽が出始めた。

f0229844_1183667.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-23 01:18

雨とモルタル

雨。

大雨。

雨の日は外には出てはいけない、とむしろ言ってくれた方がありがたいくらい激しい雨。

屋久島の雨は特別だ。

今日はさすがに写真を撮れず。



少し前の写真です。

f0229844_046870.jpg




写真は撮れなくとも、毎日何らかの表現活動をしているような気がする。

大雨の中、今日はギャラリー工事。

最近ハマッているモルタルの質感の研究をする。

うまくいけば、看板やテーブル、机になりそう。

僕の思う質感を表現したい。
[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-22 00:52

借景ディスプレイ

shizukuギャラリー、ジュエリーの展示室に設置する、窓枠を利用したディスプレイです。

モルタルでペタペタと塗り固める作業は小学生の頃以来の粘土細工のようで楽しく、没頭してしまった。

白く塗って完成です。

ここに植物をモチーフにしたジュエリーが並びます。

モンステラのブローチが何本か並んだりしても素敵だと思います。

こういった借景を取り入れたデザインを何の気なく思いつくことが出来るのは、やっぱり僕は日本人なのだなと

深く実感しています。

ああ、京都のお寺とかが懐かしい。


f0229844_0375496.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-21 00:37

借景

雨。

朝からしとしと降り続く。

今日はギャラリーのディスプレイを創る。

窓を利用して、そこにジュエリーのディスプレイ棚を。

ここも最近お気に入りのモルタルでペタペタと窓枠を有機的なカタチに形成していく。

窓の向こうはモンステラやダチュラや竹林などがあって、一面が緑に覆われている。

屋久島の素晴らしい景色をバックに借り、ジュエリーをディスプレイします。


f0229844_0364298.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-20 00:36

そら

今日は一日アトリエで制作。

妻は工事に出かけた(妻が工事というのもおかしな話だけれど、実際そうなのです)ので、
アトリエには僕一人。

一人で作業をするのは本当に久しぶりだ。

できるだけ当たり障りのない音楽をかけて、一人の世界に入る。

オウレンの花にダイヤモンドをセットする。

ツワブキの花びらをイメージした石枠のカタチを糸鋸で切り出していく。

一つの作業をしていると、ひとつの新しいイメージがやってくる。

そのイメージをスケッチしたりしているうちに、机の上が色鉛筆や金槌や糸鋸やアイスクリームのカップや
天然石や画集やカメラで一杯になる。

机の上からあふれ出してしまいそうなモノに囲まれて、花びらのエッジを紙やすりで磨いていると、また新しいイメージが粉雪のようにゆっくりと僕の頭上に舞い降りてくる。

新しいイメージは常にそこに在り、ゆっくりと宙を舞っているものなのではないだろうか。

大切なことは僕たちが“そこ”にチャンネルを合わせることが出来るかどうかということなのではないだろうか。

とてもおだやかな気持ちで机に向かっていると、西側の窓から入り込む光を感じた。

僕は立ち上がり、大きく伸びをして西の窓から空を見上げた。

空には少しの間忘れていた美しさが広がっていた。



f0229844_050699.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2012-04-18 00:46


ケイ ナカムラ ジュエリーは屋久島発のジュエリーブランドです。作家・中村圭がジュエリーと写真と文章で、日々の美しさをお届けします。しずくギャラリーとホームページにて、作品を観て頂けます。


by kei-jewellery

プロフィールを見る

検索

Twitter

カテゴリ

制作
ジュエリー
マリッジリング
オーダーメイドについて
マリッジリングについて
しずくギャラリー
日常

最新の記事

ブログ移転いたしました
at 2015-01-01 19:00
今年もありがとうございました
at 2014-12-31 20:15
海から見えた景色
at 2014-12-29 23:33
月の指輪
at 2014-12-29 00:51
忘れていたことは
at 2014-12-26 23:45
ツボミと泡
at 2014-12-25 20:42
黄色い冬
at 2014-12-24 19:24
花や空
at 2014-12-24 00:06
ツワブキからツワブキへ
at 2014-12-22 21:28
ツワブキの指輪!
at 2014-12-20 21:39

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

LINK

その他のジャンル

タグ