<   2010年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

新作 チラ見

個展に向けて新作を創りためています。
新しく創った作品の部分、かなりアップです。

今年もシダモチーフやってますよー


f0229844_21503222.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-31 21:50

朝読み放送

夏休みに入ってから、“朝読み放送”が始まった。
月曜日から金曜日まで、まだ虫も鳴き始めていない朝の六時半から、集落の小学生達が夏休みの間、日替わりで本読みをする。そして、その本読みは集落中にリアルタイムで放送される。朝の六時半からだ。
そのくすぐったい小学生達の声に起こされるのはなんとなく嫌で、最近はその放送が始まる前に起きるようになってしまった。
今日も五時半に目が覚め、なんとか放送を免れる。あまりにも早く起きすぎたので僕はビーチまで行って、まだ夜の冷たさの残る海に入り、少しだけ波に乗った。

ハマユウの甘い香りを纏った二匹の黒い蝶がいる
その蝶は赤と白を飾り、僕を誘う

海からあがり、トーストを焼いてカフェオレを作って妻と一緒に食べ、後かたづけをして洗濯機を回し終わったところで、七時十五分だった。お陰様で一日が長い。今日は少し早めに作業をスタートできた。


f0229844_2141311.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-30 21:41

サンフランシスコの冷たい水。

f0229844_21534083.jpg



二日間、激しい雨が断続的に降り続いた。
ここのところ、ずっと外に出ることも出来ないくらいの猛暑が続いていたので、この雨は僕にとって喜びの雨となった。
僕だけではなく、外の植物たちも喜んでいたように見えた。庭では、草花たちが久方ぶりにたっぷりの水を得てその背丈をグンと伸ばし、ほのかに甘い南国の蜜の香りをあたりに漂わせている。薄紫色をしたとても小さな蝶々が花から花へと飛び回っている。まるで次から次へと遊び場所を変える移り気な子供のように。

二日続いた雨の間、僕は注文の指輪を作りながら次の作品のデザインのことをずっと考えてきた。屋久島に来てからの、とりたてアップルマンゴージュースのように濃縮された日々のおかげで、少しずつではあるけれど自分の作品のエッセンスに近づいてきているような気がする。

夕方、友達のAくんがお父さんと一緒に宮の浦からアトリエに遊びに来てくれた。
本当に仲のよいご家族で、そのあとAくんと海に入っているところを、お父さんが一生懸命望遠レンズで撮影をしていたのが面白かった。僕の方は、お父さんが熱中しすぎて堤防から落ちてしまわないか心配だったけれど。後からAくんのお母さんも観戦に参加。心温まる一ページ。明日、サンフランシスコに帰っていくAくん、サンフランシスコは海流の影響で、一年中海水の温度が凄く低いらしい。
また、屋久島のとろけてしまいそうになるくらい気持ちの良い海に一緒に入りたいと思った。
[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-29 21:53

屋久島

夏真っ最中!

f0229844_2118288.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-27 21:18

カレンダー

夕方、妻宛の郵便が届いたことを除いては外部との接触が全くなかった一日。
猫も来ない。
朝食を作り、午前中の作業をして昼食を作る。少し本を読んでから作業に戻り、日が暮れると夕食を作った。夕食を食べ終わってまた作業に戻る。まるで産卵のために毎年同じ浜を訪れるアオウミガメのように僕は作業机に繰り返し戻る。
この尋常ではない暑さはいつまで続くのだろうか。もしくはこれからもっと暑くなっていくのだろうか。時折、真夏の熱を帯びた空気に押しつぶされて、緻密な思考を失いそうになってしまいそうになることがある。作業の進み具合をうまく把握しておくために手書きのカレンダーを作りそこに今後の予定と現在の作業の進ちょく状況を書き込んで、机の前に貼ってある。

明日は満月。天気も良さそうだ。
[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-25 20:56

猫の出現、花火大会とフラ

f0229844_2103235.jpg


裏庭に子猫が現れた。子猫はツワブキの葉の下で涼みながら僕たちの仕事を眺めていた。
平和で穏やかな空気の中、午前中の製作を行う。

午後から、妻の作品の撮影。写真家の大沢さんにアトリエに来て頂く。一式揃えて持ってきて頂いた撮影道具がかっこいい。シャッターを押すまでに本当にたくさんの工程をこなすのだが、最終的に押すシャッターの数はほんの三枚ほど。社会見学をしている小学生のように、その細かな工程や機材の種類、機材の扱い方にがっつりと見入ってしまう。やっぱりカメラ、好きだな。知らず知らずのうちに、僕は電気を消したり、レフ板を支えたりしていて、カメラマン助手とかもなかなかいいかも、とぼんやりと叶うはずのない思いを巡らせていた。出来上がった写真は完璧。素晴らしい仕事でした。

夜は平内海中温泉祭り。僕と妻は軽い夕食を取ってから平内まで車を走らせた。
満月まであと二日というところだろうか、空にはほぼ完全な円形をした月が切れ長の雲の合間に佇んでいる。道路沿いには僕たちを見送るように一匹の牝鹿が立っていて、まるで花札にありそうな風景だなと思った。

そして、海中温泉祭り。念願だったAちゃんの踊るフラを観ることが出来た。海仲間のもう一人のAちゃんも参加している今日のダンスはアップテンポで気持ちが良かった。踊り手の情熱がこちらまで伝わってきて、こちらまでなんだか胸が高鳴り、熱くなっていく。Aちゃんはダンスに見事にマッチしていた。ダンスって凄い。もっともっとこのダンスを観ていたいと思った。司会のおじさんが“タヒチアンダンス”といっていたのだけれど、“タヒチアン”というのが正式名称なのだろうか、とにかく素晴らしいひとときだった。

ダンスが終わって、流れるように普通のカラオケ大会が始まり、最後に恒例の花火大会。「昨年は15発でしたが、今年は20発。みなさん拍手をー」と司会のおじさんが大きな声で言っている。なんだかとてもいいな、また来年もここに来たいなと思った。
[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-24 22:08

夕方の浜辺に足りないもの

f0229844_21303059.jpg




日暮れ前、散歩に出かけた。家を出てガジュマルの方に行こうか、ビーチに行こうか少し迷ったけれど、ガジュマルのあたりには分厚い雲がかかっていたので、結局僕はビーチに行くことにした。

青く染まる夕方の時間の中、昼間の猛暑が忘れていった暖かさの残る砂浜に座り込んで、今日これまであったことと、帰ってから作る夕食のことを考えたり考えなかったりしていた。繰り返す波の音は僕の体中を通過し続けていて、すべての感覚が少しずつ曖昧になっていく。
気持ちの良い時間。そしてそこにはただ一つ、ビールだけが足りなかった。
[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-23 22:01

中間のガジュマル、群れを成す愚かなる存在たち

日暮れの時間に近くのガジュマルまで散歩をした。
中間川沿いにそびえる巨大なガジュマルは屋久島最大のガジュマルであり、天然記念物であるこの樹は村のシンボルツリーであり、島中の人々にも愛されている大切な存在である。
樹の真向かいにある家の家族の人達と、ウッドデッキに座りポカリスエットとラスクを食べながら少しの間、談笑をした。おじいちゃん、お父さん、孫、全ての世代が密接にこの樹と関わり合っている。これからもずっと同じように強い絆で結ばれていてほしいと心から思った。

観光バスに乗って学生の集団でやってきて、そのガジュマルにたくさんの人数で登り、荒らしていったという話しを聞いた。そんな奴らを僕は絶対に許さない。その場に居合わせることが出来なかったことが凄く悔しかった。


f0229844_2135433.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-22 21:35

スコールとベッドカバー

個展まで、二ヶ月と少し。製作が相当込み入ってきて、特別な時をのぞいてはずっとアトリエに籠もりっきりの生活が続いている。
もう、植物の取材は全部終わっている。外での仕事は何もない。あとはアトリエの中での膨大な量の作業をこなしていくことになる。

今日、アトリエから出たのは洗濯物を干しに行ったときとバナナをチェックしたときだけだ。洗濯を干したとたんにスコールが降ってきて洗ったばかりのベッドカバーがぐしゃぐしゃになってしまい、バナナはまた実を増やしワイルドな雰囲気を纏い始めていた。

約2週間ほどかかっている製作にもようやくメドが着きそうだ。明日、約1,5mm程の大きさの真珠を20個ほどセットすれば大まかなカタチは出来上がるだろう。


f0229844_21281016.jpg

[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-21 21:28

在カフェ日、二日目

屋久島、ノマドカフェで開催している妻の個展の在カフェ日。僕も同行する。
とても暑い中、たくさんの方々に来て頂き、スパークリングワインや地卵なども頂けて、数時間だったけれどとても充実した時間を過ごすことが出来た。

閉店後、僕たちはくたくたに疲れていたけれど、空港の近くにある大型ドラッグストアーまで車を走らせることに。途中、最近オープンしたハンバーガーチェーンに寄った。すっかり暗くなった港町に光り輝くオレンジ色の店内はまるで広大な砂漠の中で奇跡的に目の前に現れた蜃気楼のようだった。僕はスパイシーチーズバーガーを選び妻はエビカツバーガーを選んで車の中でそれを食べながら目的地に向けてドライブを続けた。

ドラッグストアでバニラアイスクリームが品切れになっていたので、ストロベリーアイスを二ケースと生クリーム、玄米フレークを買って大急ぎで中間まで車を走らせた。真夏の夢、密やかなる嗜好、ストロベリーパフェのための買い出しだ。

帰り道、行きに寄ったハンバーガーショップで再び車を止めてフィッシュバーガーを買って、またそれを食べながら長い道のりをドライブした。
[PR]
by kei-jewellery | 2010-07-20 22:19


ケイ ナカムラ ジュエリーは屋久島発のジュエリーブランドです。作家・中村圭がジュエリーと写真と文章で、日々の美しさをお届けします。しずくギャラリーとホームページにて、作品を観て頂けます。


by kei-jewellery

プロフィールを見る

検索

Twitter

カテゴリ

制作
ジュエリー
マリッジリング
オーダーメイドについて
マリッジリングについて
しずくギャラリー
日常

最新の記事

ブログ移転いたしました
at 2015-01-01 19:00
今年もありがとうございました
at 2014-12-31 20:15
海から見えた景色
at 2014-12-29 23:33
月の指輪
at 2014-12-29 00:51
忘れていたことは
at 2014-12-26 23:45
ツボミと泡
at 2014-12-25 20:42
黄色い冬
at 2014-12-24 19:24
花や空
at 2014-12-24 00:06
ツワブキからツワブキへ
at 2014-12-22 21:28
ツワブキの指輪!
at 2014-12-20 21:39

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

LINK

その他のジャンル

タグ